Ichiogni

いちご煮とは?どこの料理?由来・発祥、手軽な缶詰とその食べ方を解説!

青森
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
いちご煮とは?どこの料理?由来・発祥、手軽な缶詰とその食べ方を解説!

いちご煮とは?

いちご煮とは、ウニとアワビの吸物で、青森県八戸市の郷土料理です。

三陸海岸の北部に位置する八戸市は、リアス式海岸の豊富な漁場に恵まれた街で、魚介類が良く獲れます。いちご煮は、そこで獲れるウニとアワビ(またはホタテ)を塩とわずかなしょう油だけで味付け、その上に青じそを散らしたシンプルで贅沢なお吸い物で、素材の旨みを存分に堪能できます。見た目は上品で、あっさりとした磯の味と香りがたまらない贅沢な料理です。

いちご煮は高級料理

いちご煮は実は八戸の人にとっても高級料理であるため、お祝いやお正月といったハレの日くらいにしか食べないそうです。家で食べるときには炊き込みご飯にするとのこと。

いちご煮の旬

三陸地方では「青ジソのでる頃ウニがおいしくなる」といわれ、その7月が旬です。

青森県最東南端の町、階上町では毎年7月末に「いちご煮まつり」が催され、いちご煮の美味しさを県内外に発信しています。

いちご煮の発祥

いちご煮の発祥は諸説ありますが、漁師達が大きな鍋にウニとアワビをふんだんに入れて煮込み料理を作っていたのが発祥といわれています。その後、大正時代には料亭料理として振る舞われるようになりました。

いちご煮の由来

野いちご野いちご

いちご煮の名前の由来は、いちご煮の乳白色の出汁に、黄金色のウニが瑞々しく映える様子が、ちょうど朝霧に霞む野いちごに似ていることから、いちご煮と呼ばれるようになりました。野いちごはフルーツのいちごと違い、赤ではなくオレンジ色をしているのです。

いちご煮という名前は、大正時代に、八戸の老舗旅館「石田屋」の主人・石田多吉が名付けたとされています。

いちご煮缶詰

いちご煮缶詰いちご煮缶詰

ウニやアワビは高級食材となり、家庭で気軽に食べられるものではなくなった状況をなんとかしたいという思いから、味の加久の屋の「いちご煮缶詰」が1980年に誕生しました。これによって、いちご煮は再び手軽に 食べられるものになりました。

いちご煮缶詰で、炊き込みごはん

いちご煮缶詰で、炊き込みごはん出典:snapdish.co

洗って水を切った米と、いちご煮缶詰を炊飯器に入れ、炊き上げます。青じそや、あさつきをちらしますと、 いっそう風味が引き立ちます。

いちご煮缶詰で、茶椀蒸し

いちご煮茶碗蒸し出典:cookpad.com

缶詰の具と汁を別々に分け、 具は茶碗に移します。 汁は卵とよくかき混ぜて裏ごしします。 具を入れておいた茶碗に汁を加え、 蒸し器で10分位蒸して作ります。

いちご煮缶詰で、雑炊

いちご煮雑炊出典:cookpad.com

そのまま鍋にあけ、お好みの味に水で割り、煮立ったらご飯を入れて混ぜます。ひと煮立ちしたら、味をととのえ、みつ葉や青ジソ等を散らして、できあがりです。

おうちで楽しむいちご煮
いちご煮
みちのく処 わっつど
¥1,936(税込)
★★★★★
★★★★★
4.76 (38件)
楽天で詳細を見る