Uwajima Taimeshi

宇和島鯛めしとは?発祥、愛媛の鯛、地域による食べ方の違いを解説!

愛媛
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
宇和島鯛めしとは?発祥、愛媛の鯛、地域による食べ方の違いを解説!

宇和島鯛めしとは?

宇和島鯛めしとは、生のの切り身をタレに漬け込み、タレごと温かいご飯にかけて薬味といっしょに食べる、南予地方の郷土料理です。

タレは醤油、みりん、たまご、ゴマ、だし汁などで作られ、その取り合わせは最高の相性で、格別の美味しさです。

また薬味にはゴマ、きざみねぎ、しその葉、海藻などが使われます。

地元民にとっては子供の頃から慣れ親しんだ料理で、愛媛市内では宇治島鯛めしを食べられる飲食店が軒を連ねています。

農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」でも選ばれています。

宇和島鯛めしの発祥

宇和海

宇和海にある日振島を根拠地にしていた伊予水軍が、火の使えない船の上で酒盛りの終わりに、酒が残ったお椀にご飯をつぎ、刺身と醤油を混ぜて食べたのがはじまりと言われています。

海賊や水軍だけでなく、漁師の船上まかない飯として発展し、「日振島(ひぶりじま)」がなまって「ひゅうが飯」と呼ばれていました。「ひゅうが飯」はその時獲れたアジ、いわし、鮪、鯛などの様々な魚を使っていました。

愛媛県の鯛の養殖生産は日本一

愛南町の養殖

瀬戸内海に面する愛媛県は、マダイの漁獲量が全国でトップレベルです。

そして、愛媛県の西に広がる宇和海では鯛の養殖が盛んで、その生産量は日本一です。日本の真鯛の半分が愛媛県産なんですね。

新鮮な真鯛を年中、安定品質で提供できるのがウリでもあります。

宇和海は太平洋からの潮の流れにより、海水が常に浄化されるため、養殖に良い環境が整っています。栄養素やミネラル豊富な黒潮が流れこむため、鯛はすくすく育ちます。

天然の真鯛は、春先になると産卵のために広い外海から瀬戸内海へやってきます。

の時期の鯛は「桜鯛」と呼ばれ、脂がのった肉は弾力があって、とくに美味しい時期と言われています。

締まった身が好きな方は天然、脂ののった身が好みの方は養殖がおすすめとのことです。

地域によって食べ方が違う「鯛めし」

鯛めし

東予地方中予地方で食されている「鯛めし」は、焼いた鯛に昆布だしと一緒に炊き込んだもので「松山鯛めし」または「北条鯛めし」と称されます。

お釜や土鍋で鯛をまるごと一匹ご飯と炊き込むのが特徴で、薬味といっしょに食べたり、お茶漬け出汁で食べたりします。

具材は、ごぼうやにんじんなどの野菜や揚げが入っておらず、鯛とだしコブのみで作られます。

一方、宇和島市を中心にした南予地方で食べられるのが、「宇和島鯛めし」なのです。

プリッとした歯ごたえで適度に脂がのった鯛と卵を混ぜたタレのとろっとした食感がたまりません。

現地のお店の中には秘伝の特製ダレの「宇和島鯛めし」をセットで通販で販売していたりするので、お家で手軽に楽しむことができます。

おうちで楽しむ宇和島鯛めし