Himokawaudon

ひもかわうどんとは?特徴や食べ方、ひもかわの由来や産地の群馬について解説!

群馬
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
ひもかわうどんとは?特徴や食べ方、ひもかわの由来や産地の群馬について解説!

ひもかわうどんとは?

ひもかわうどんとは、幅広な麺が特徴のうどんで、群馬県桐生地方に伝わる郷土料理です。

店によって異なりますが、その太さは1.5cmから10cm以上のものまであります。1本1本を短く切らず、長い状態のまま提供されます。

幅は広いけれど厚みは1ミリ程度と薄く、なめらかなのどごしも特徴です。

この麺は、幅広の麺を味噌または醤油味の味付けで煮込んだ「おっきりこみ」という群馬の郷土料理にも使われます。

おっきりこみおっきりこみ

群馬県は小麦の産地

小麦

年間を通して晴れの日が多く、水はけのよい土壌に恵まれている群馬県は、有数の小麦の産地でもあり、小麦のブランドもたくさんあります。古くから小麦から作られる「粉もの食」が発展しており、コシの強い食感が特徴の「水沢うどん」、素まんじゅうを焼け串に刺して炭火で焼き、甘辛の味噌を塗って仕上げる「焼きまんじゅう」などが有名です。

群馬のうどんでは、水沢うどん、桐生うどん、館林のうどんがありますね。ひもかわうどんは桐生うどんのひとつでもあります。

ひもかわうどんの発祥・由来

江戸時代、愛知県の芋川(いもかわ)という地方で幅広うどんが名物でした。これは「芋川のうどん」と呼ばれていてそれがなまって「ひもかわうどん」となったという説があります。

芋川のうどんは東海道から東へ伝わり「ひもかわ」と呼ばれるようになり、西の尾張(愛知県)に伝わり「きしめん」という名で売られるようになったそうです。その「きしめん」の由来は、いもかわうどんにキジ肉を使っていたことから「きじめん」と呼ばれていたがそれが「きしめん」になったという説があります。

ちなみにこの芋川うどんはきしめんの発祥となったといわれています。

ひもかわうどんの食べ方

ひもかわうどんのめん

だしの効いた醤油ベースの汁に、具材と一緒にじっくり煮込む煮込みうどんや、ご家庭のめんつゆを使いかけうどんにしたり、つゆでいただくつけ麺など、どんな食べ方にも合いますし、冷やしても美味しく食べることができます。

ひもかわうどんは、普通のうどんのようにすすって食べるのではなく、ザルの上でひもかわうどんを畳んでから箸で持ち上げて食べるという群馬の地元の食べ方があります。

おうちで楽しむひもかわうどん