Hittsumi

ひっつみとは?名前の由来・歴史、作り方を解説!

岩手
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
ひっつみとは?名前の由来・歴史、作り方を解説!

ひっつみとは?

ひっつみとは、小麦粉をこねて薄く伸ばしたものを手でちぎり、お鍋の中で季節の野菜とともにだしで煮込む料理です。

具やだしは季節や家庭によって様々であり、川魚や川のカニ、鶏肉、きのこなどを用います。

冬の寒いときは体のしんから温まり、とくに美味しいバランスのとれたごちそうです。

ひっつみの味

もちもちの食感となめらかなのど越し、季節の味わいの出汁でいただく、素朴で家庭的な味です。

ひっつみは岩手県の郷土料理

ひっつみは、農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」でも選ばれている岩手県の郷土料理です。

主に岩手県の北上盆地を中心とした地域で食べられており、地元の食材を使い家庭で手軽に作れる伝統食として、おふくろの味として古くから親しまれています。

ひっつみの名前の由来

「手で引きちぎる」ことを方言で「ひっつむ」と言うことから名付けられました。「ひっつみ」は、地域によって「とってなげ」、「つめり」、「はっと」、「きりばっと」とも呼ばれます。

ひっつみの歴史

南部地方(青森県東部)では、畑作地帯が広がっており、雑穀・粉食(小麦粉・そば粉)主体の料理(そば串もち、かっけ、ひっつみなど)が昔から伝えられ、食べられてきました。

現在の岩手県中北部から南部地方(青森県東部)にかけて、この地域を治めた盛岡藩(南部藩)の南部氏は、「ほうとう」の発祥地である山梨県(甲斐)の出身。このことから「ひっつみ」は、貴族や武家から庶民へと伝播し、各地に伝わったものと考えられます。

ごはんが少し不足した時によく作られ、主食として夕食に食べられることが多かったそうです。

ひっつみの作り方

材料
  • 鶏もも肉
  • ごぼう
  • 人参
  • きのこ(舞茸・しめじ・生しいたけ等)
  • 長葱
  • みつ葉・せり等
  • (A)小麦粉300g
  • (A)水200cc
  • (B)日本酒 大さじ2
  • (B)しょうゆ 大さじ3
  • (B)塩 小さじ1
  1. 深めのボールに(A)の小麦粉を入れて水を加え、耳たぶくらいの柔らかさにこねてまとめ、ぬれぶきんをかけて2時間位ねかせます。
  2. 鍋にだし汁、ごぼうを入れて火にかけ、少し煮えたら人参と鶏肉を入れ、一煮立ちしたらアクをとり(B)で調味し、きのこを入れます。
  3. 1の生地を左手に持ち、右手に水をつけながらうすく延ばして、食べやすい大きさにちぎって煮立っているの鍋に入れます。
  4. ひっつみは煮えると浮きあがってきます。最後に長葱を加え、更にみつ葉やせりを入れて完成!