Mamebujiru

岩手県の郷土料理、まめぶ汁とは?味や特徴、由来・発祥と作り方を解説!

岩手
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
岩手県の郷土料理、まめぶ汁とは?味や特徴、由来・発祥と作り方を解説!

まめぶ汁とは?

まめぶ汁とは、小さく切ったにんじん、ごぼう、かんぴょう、干ししめじ、焼き豆腐、油揚げなどが入った具だくさんの汁物に、クルミや黒砂糖を包んだ団子入れて煮込んだ料理で、岩手県内でも久慈市山形町や九戸郡に伝わる郷土料理です。

まめぶ」とは、クルミと黒砂糖を小麦団子でくるみ、小さく丸めたものを指します。

汁は、煮干しと昆布の出汁を使った醤油ベースの汁です。丸めたまめぶに片栗粉をまぶしているので汁にはとろみがあります。くるみの香ばしさと黒砂糖の素朴な甘みは、どちらも汁物の具材としては珍しいですが、醤油ベースの汁と食べると甘さとしょっぱさの絶妙な組み合わせが、一度食べたら癖になる味です。また、だしの香りと、くるみの歯応え、団子のもちっとした食感を同時に楽しめます。

久慈市山形町ではお正月・結婚式・法事などには欠かせない料理となっており、おめでたい時にはまめぶを大きく、法事などでつくる時は小さく作るといわれています。昔は冠婚葬祭のごちそうとして作られていましたが、今は一年中家庭料理として食べられています。

まめぶ汁の由来

まめぶ汁の由来については、団子の形が「まり麩(ふ)」に似ていることから「まりふ→まめふ→まめぶ」となったという説、忠実忠実(まめまめ)しく健康で達者に暮らせるように、また無事に暮らせるようにという願いが込められている説などがあります。

まめぶ汁の発祥

岩手県の、旧山形村地域はたびたび凶作が起こる土地でした。そのため、幕府から凶作時の年貢に備え「麺類やそばきりを食べてはならない」と、麺類を食べることをご法度にされます。麺類が出せない代わりに、練って味付けした小麦粉にくるみを包んで、冠婚葬祭など特別な時に食べていたのではないかといわれています。

平成22年(2010年)、久慈市山形町の伝統の味、まめぶ汁で久慈のまちを元気にしようと、地元青年会を中心に設立された市民団体である「久慈まめぶ部屋」が様々なまちおこし巡業を興行します。平成23年からは「B-1グランプリ」にも出展していて、地域を代表するご当地グルメにまでになりました。

さらに、平成25年(2013年)放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で、紹介されたことから、全国的に有名になりました。

まめぶ汁の作り方・レシピ

まめぶ汁出典:snapdish.co

作り方

  1. 水1ℓにだし昆布または煮干しを入れて、だしをとる
  2. にんじん・ゴボウ・油揚げ・焼き豆腐は、三角に切る。かんぴょうは、1.5cmの長さに切る。しめじは房を分ける。
  3. 小麦粉を熱湯でこね、親指大くらいの大きさに分け、お椀型にし、黒砂糖を先にいれミルクを乗せて中身が出ないように包み丸める。丸めた団子がくっつかないように、片栗粉をまぶしておく(A)
  4. 鍋にごぼう、にんじん・かんぴょう・しめじ・油揚げを入れ、き豆腐をいれ醤油で味をつける。野菜に火が通ったら、(A)をいれる
  5. 団子が浮いて2~3分煮たら出来上がり!
おうちで楽しむまめぶ汁
まめぶ汁
お酒・宝飾のサンショップささき
¥8,640(税込)
★★★★★
★★★★★
5 (5件)
楽天で詳細を見る