YokosukaKaigunCurry

よこすか海軍カレーとは?日本のカレーのルーツ?!その発祥・歴史を解説!

神奈川
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
よこすか海軍カレーとは?日本のカレーのルーツ?!その発祥・歴史を解説!

よこすか海軍カレーとは?

横須賀市横須賀市 出典:YokosukaCity

よこすか海軍カレーとは、日本海軍が食事として出されていた明治初期の、当時のレシピを再現したカレーで、神奈川県横須賀市のご当地料理です。

農林水産省選定「農山漁村の郷土料理百選」で選ばれています。

ルーは小麦粉と牛脂を炒って作り、具材となる肉には牛肉か鶏肉を使います。

海軍カレーは栄養バランスを考慮して、サラダと牛乳がつくのが定番です

よこすか海軍カレーの発祥・歴史

横須賀の船

明治初期に、海軍・陸軍軍人が死亡する原因として一番多かったのが、脚気(かっけ)によるもので、深刻な問題でありました。

脚気とはビタミンB1やタンパク質が不足することによっておこる病気で、悪化すると心不全や末梢神経の障害を引き起こします。

脚気を予防するために、海軍軍医の高木兼寛は、白米中心で栄養バランスの偏った食事が原因であるとし、イギリス陸軍で提供されていたカレー風味のシチューが野菜や肉、さまざまな香辛料が入っていて栄養豊富であるところに目をつけました。

これを、イギリス海軍はパンにつけて食べていましたが、日本海軍には馴染めないため、日本の主食のご飯に合うように小麦粉でとろみをつけてカレーライスとして提供するようになりました。

すると脚気患者数は格段に減り、栄養不足が改善されました。

さらに、調理が簡単で、栄養バランスもよく、カレーとご飯の組み合わせは日本人にとって相性も良く、海軍で人気となりました。その後、退役した軍人達がこの海軍式カレーライスを日本全国へ広めていったのが、 各家庭に定着していきました。これが現在の日本のカレーライスのルーツといわれています。

平成11年(1999年)5月20日、海軍の街である横須賀でカレー発信の地として地域の活性化をはかるために「カレーの街よこすか推進委員会」が発足し、平成13年(2001年)に、明治41年(1908年)に発行された海軍割烹術参考書にある作り方を忠実に再現した、「よこすか海軍カレー」が誕生しました。

横須賀は海軍とともに歩んできた街であり、この横須賀からカレーが広まったんですね。

金曜日はカレーの日

海で長時間過ごす軍人が曜日を忘れないように決まった曜日にカレーを出すようになったことから、 栄養バランスを考えて作られた海軍カレーは今でも海上自衛隊では人気メニューとして、毎週金曜日の定番になっているそうです。

本当のところは翌週に持ち越せない残り物の食材を休み前の最後のメニューで使い切るためともいわれており、週休2日制の導入前までは、土曜日だったそうです。

現在でも、市内の飲食店や公共施設や大手企業の食堂などで金曜日の定食にカレーを取り入れてもらうなど、金曜日にカレーを食べてもらえるようアピールしています。また、横須賀市では学校給食でもカレーの街にふさわしく、献立にカレー料理を増やしています。

よこすか海軍カレーを食べてみよう

商品審委員査会において厳正な審査を受けカレーの街よこすか事業者部会の認定を受けたものが「よこすか海軍カレー」を名乗ることができます。

その数はどんどん増えており、ネット通販でも気軽に手に入るのでぜひご家庭でよこすか海軍カレーを食べてみてはいかがでしょうか。

おうちで楽しむよこすか海軍カレー
よこすか海軍カレー
海軍カレーの横須賀海軍酒保
¥1,620(税込)
★★★★★
★★★★★
4.81 (21件)
楽天で詳細を見る