Dorome

高知の海産珍味、どろめとは?美味しい食べ方、似た珍味であるのれそれとの違いを解説!

高知
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
高知の海産珍味、どろめとは?美味しい食べ方、似た珍味であるのれそれとの違いを解説!

どろめとは?

どろめとは、いわしの稚魚(シラス)のことで、高知の郷土料理です。珍味として古くから珍重されてきました。

体長3センチ前後の小さな魚体は、半透明でのれそれと同様、鮮度がよいものほど透き通って、体型はピンと立っています。

透き通った身はコリコリしていて、スルリとした喉ごし、味は淡白ながらほのかな苦みがクセになる味で絶品です。

どろめの種類

イワシにはマイワシ、ウルメイワシなどと数種類ありますが、イワシの稚魚の中ではカタクチイワシが最も品質が高いとされていて、高知では、仔魚をシラス、幼稚魚をカエリあるいはドロ、成魚をホタレと呼びます。通年、水揚げがありますが、沿岸での産卵盛期は4~5月。この時期のどろめは、甘くて、身がしっかりしまっています。

どろめは鮮度が落ちやすい

生のままでは朝獲れたものが夕方までが限界というほどの弱さ。県外などにはもちろん送ることなどできず、地元高知でも、一般家庭の食卓に上がることはまずなく、土佐料理専門店などでも悪天候で漁に出ることができない日は供給がストップして、口にすることが不可能な幻の珍味でした。

しかし、近年は、冷凍技術などか発達したことにより、鮮度を落とさないまま高知の普通の家庭でもいただくことが可能になり、県外出荷も可能になりました。

どろめの食べ方

どろめのぬた

どろめのぬた

高知の伝統野菜である葉にんにくをすりつぶして酢味噌にする土佐ぬたで食べるどろめは絶品です。葉にんにくの緑が鮮やかで、甘辛く、酸味があり、にんにくの香りが効いています。さっぱり系のどろめによく合います。ぬたはどろめだけでなく、脂がのったブリやハマチの刺身、さえずり(くじらの舌)、しいらなどの生の魚のほかにこんにゃくやとうふにもかけて食べられます。

葉にんにく葉にんにく

どろめ汁

どろめ汁は、とれたてのどろめやちりめんじゃこを使いだしを取って作るすまし汁です。どろめからでる出汁に独特の風味があります。卵を掻きいれたり、ねぎや三つ葉を入れるとさらに美味しくいただけます。菜花と入れると、土佐の春の一品となります。

様々な食べ方

その他は、チリ酢や三杯酢をかけて生で食べたりします。ほのかな苦味が日本酒と相性抜群です。どろめならではの出汁の特徴を生かしてお吸い物にしたり、卵でとじたりもします。

どろめに豆腐や玉ねぎ、大葉を入れて天ぷらにしても美味しくいただけます。

また、高知ではシラスを釜揚げにしたものを「釜揚げちりめん」、干したものを「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」と呼びます。

どろめの由来

どろめという呼び方は、イワシシラスが「海で泥の中から目だけを出している」ことや、「時化し け後の濁った海で多く漁獲され、魚体は透明で見えにくいが目だけが確認できる」ことが由来といわれています。

どろめ祭り

毎年4月に、高知の赤岡町の浜辺で「どろめ祭り」が開催されます。

地引き網でとれたての「どろめ」を肴に「大杯飲み干し大会」を行い「飲み干す時間」「飲みっぷり」を競います。「これこそ土佐人」のイメージを全国に広めた豪快でユニークな祭りです。

どろめに似た「のれそれ」

のれそれのれそれ

のれそれ」はアナゴの稚魚で、どろめと同様に高知の海産珍味であります。あまり知名度の高くないですが高知はもちろん、四国では一般的な酒の肴、珍味で、春を告げる食べ物として親しまれています。

白く透き通った美しい姿が印象的な食べ物です。その姿から南海の妖精や白い妖精とも呼ばれます。見た目が少しどろめと違います。

食べ方は、他の魚の刺身と同じようにワサビ醤油につけて食べたりする人も多いのですが、ポン酢につけたり、三杯酢につけても美味しいです。どろめ同様にかき揚げや卵とじにして食べることもあります。