Basashi

馬刺しとは?なぜ熊本県なのか、発祥や歴史、馬肉が美容に良いとされる理由を解説!

熊本
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
馬刺しとは?なぜ熊本県なのか、発祥や歴史、馬肉が美容に良いとされる理由を解説!

馬刺しとは?

馬刺しとは、馬の刺身のことで、熊本県の郷土料理です。

新鮮な馬の生肉におろししょうがやにんにくなどの薬味を添えて、甘口のしょうゆで食べます。

馬刺しの部位

馬刺しで食べる部位は様々であり、ロースクラシタなどが人気です。

また、馬肉特有の部位にたてがみ(コーネ)フタエゴがあり、脂分とゼラチン質で構成される真っ白なたてがみは人気の部位です。フタエゴはコリコリとした歯ごたえのある食感で、こちらも刺し身やユッケがおすすめです。

熊本県は馬肉大国

馬肉を食べる地域は長野、山梨、山形、青森、福島などにもありますが、中でも熊本県は、国内における馬肉の生産量1位は熊本県であり、2位との差も大きく断トツの1位なのです。

馬ホルモンの鉄板焼き馬ホルモンの鉄板焼き

馬刺しのみならず、馬のタタキや馬ホルモンの天ぷら、馬串焼きに馬にぎり、馬ヒレステーキなど、多彩な馬肉料理も味わえます。生産した馬肉を県内においても相当量消費しており、地元でも愛されています。

桜肉と言われる理由

馬肉は桜肉とも呼ばれています。これには多数の説がありますが、いくつかをご紹介します。

桜にちなんだ説

馬肉は、鮮度が良いものだと切り口が空気に触れることでヘモグロビンが反応して鮮やかな桜色になります。また切り身を並べると桜の花を連想させます。さらに桜の咲く季節が馬肉は美味しいことから桜肉と呼ばれるようになったとも言われています。

坂本竜馬説

坂本竜馬が高杉晋作の宴で「咲いた桜になぜ駒つなぐ、駒が勇めな花が散る」という歌が歌われたそうです。この歌の中にある「駒=馬に桜」というフレーズがひとつの言葉になり「馬肉=桜肉」と呼ばれたともいわれています。

馬肉ユッケ馬肉ユッケ

馬肉の発祥

1592年よりはじまった文禄・慶長の役にて、肥後熊本初代藩主の加藤清正が、豊臣秀吉との朝鮮出兵で大陸に渡った際、補給線を断たれ食料が底をついた加藤清正軍がやむを得ず、陣中で軍馬を食したのがはじまりと言われています。

帰国後も好んで馬刺しを食したことから領地・熊本から全国に広まったとされています。

また江戸時代に入ると馬肉は薬膳料理として提供され「風邪」に効くと言われ、現在では非常に栄養価の高い食肉である事が立証されています。

馬肉は栄養たっぷり

東洋医学においても馬肉は肝腎機能の滋養によいとされています。また、体内の余分な熱を治める作用がある事から、今でも地方では馬肉を患部に貼り付けて熱を冷ますという様な民間療法も残っています。

ビタミン類も多く含んでおり、豚肉の3倍、牛肉の20倍、ビタミンB12は牛肉の4倍、ビタミンAやビタミンEも多く含まれています。ほかに、牛肉・豚肉の3倍量のカルシウム、ほうれん草やひじきより豊富な鉄分も含まれていることから、「食肉のチャンピオン」とも言われています。また、食べても太りにくく、低アレルギー食品かつ低カロリー・高タンパク質・低脂肪・高ミネラルなため、女性や高齢者、疲れ気味の人々にも適した食材として、さらに美容・健康に絶大なる効果を発揮する食材として注目されています。

おうちで楽しむ馬刺し