Minaduki

京都の和菓子、水無月とは?特徴や形の意味、由来や風習について解説!

京都
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
京都の和菓子、水無月とは?特徴や形の意味、由来や風習について解説!

水無月とは?

水無月とは、白いういろうの上に甘く煮た小豆をたっぷりのせて蒸しあげた三角形の形をした、京都の伝統的な和菓子です。

上下2層構造の三角形である美しい形が特徴です。

下側の白い土台部分の正体は、もっちりとした食感のういろう。その上に並べられた豆は、小豆の甘煮となっています。

白く美しい土台は、薄力粉と白玉粉、砂糖を用意すれば家庭でも意外と手軽に作れます。

冷たく、あっさりとした味わいが好評です。

夏本番を迎える前の6月にだけ、京都の多くの和菓子屋で期間限定で販売されます。お店によって抹茶やニッキなど味も様々です。人気和菓子店ともなると、完売するところも少なくはないといいます。

水無月は、発祥の地・京都では至極一般的な季節の和菓子ですが、長野や関東など、京都から遠く離れた東の地域ではなかなかお目に掛かることが出来ません。しかし、京都では、本格的な夏を迎える直前の6月30日に水無月を食べる風習があります。京都人にとっては「これを食べないと夏を迎えられない」と言うほどです。

水無月は6月30日に食べる

茅の輪くぐり茅の輪くぐり

6月30日には京都などで「夏越の祓え(なごしのはらえ)」という行事が行われます。これは、1年のちょうど折り返しにあたるこの日に、ここ半年間の罪や穢れ(けがれ)を祓い、これからの半年間を健康に過ごせるように祈願する神事のことです。

夏越の祓えでは、まず神職が大祓詞(おおはらえことば)を宣り、その後に参拝者は穢れを人形(ひとがた)に移し身を祓い清めます。その穢れを移した人形を収めた箱と共に神職が茅萱 (ちがや)という草で編まれた茅の輪をくぐり、皆の残り半年間の無病息災を祈願します。

三角形である理由

三角の形はを表しています。昔は氷といえば大きな氷の塊を砕いたものであり、氷の欠片を三角形で表していると言えます。

上に飾る小豆は厄除けの意味と氷の上に被さった土を表していると言われています。昔の人は、赤色に魔よけの力があると信じていたので、ハレの日に小豆を食べて邪気祓いをする風習があったのです。

6月の意味の水無月

水無月という言葉自体は、陰暦の6月の異名です。6月は田植えの時期ということで、田んぼに水を引きます。このことから「水の月」が「水な月」となり「水無月」という漢字になったそうです。梅雨なのになぜ水が無くなるかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、旧暦の6月は現在の8月なので梅雨は関係ないようです。

水無月の由来・発祥

京都の人が「水無月」を食べるようになったのは平安時代に遡ります。

その昔、冷蔵庫のなかった時代では高貴な身分の人でさえ、氷は滅多に味わうことの出来ないものでした。

夏の氷は深い山奥から運んでこなければ手に入らない貴重なもので、冬のうちに自然にできた氷を洞窟や氷室(ひむろ)に保存していました。氷室とは冬の氷を夏まで保存しておく所のことで、地下など涼しいところを利用して作られた、昔の冷蔵庫のような場所です。当時は、氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられ、陰暦の6月1日は「氷の節句」または「氷の朔日」といわれ、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました。この日になると、御所では氷室の氷を取り出し、宮中では天皇以下、臣下にも氷片が振舞われました。宮中では氷室の氷の解け具合によってその年の豊凶を占ったともいいます。

しかし、庶民にとっては夏の水はとても貴重で、ましてや氷など簡単に食べられるものではありません。そこで氷の形をしたお菓子をつくり、氷に見立てて、それを食べて厄除けを行ったのです。これが水無月です。

おうちで楽しむ水無月