Buri no atsumeshi

ブリのあつめしとは?大分のりゅうきゅう丼、あつめしの発祥・由来、食べ方について解説!

大分
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
ブリのあつめしとは?大分のりゅうきゅう丼、あつめしの発祥・由来、食べ方について解説!

ブリのあつめしとは?

ブリのあつめしとは、漬け込んだブリの切り身をご飯にのせて食べる、大分の郷土料理です。

大分では、新鮮な魚の切身を漬け込んで食べる料理を「りゅうきゅう」と呼び、ご飯にのせたものを「りゅうきゅう丼」。これを本場の佐伯地方では「あつめし(温飯)」と呼びます。

漬けダレは醤油、砂糖、酒、ショウガ、ゴマなどを合わせたもので、魚はサバ、アジ、カンパチ、カツオなどを使うこともあります。

九州の醤油は甘く、とろみのあるものが多く、あつめしとよく合い、またひと味違う趣のトロリとした食感になります。

ネギ、胡麻、生姜、青じそ、わさび、ニンニク等の薬味と一緒に食べます。

だし汁かお茶をかけた「りゅうきゅう茶漬け」もよく食べられ、生姜の香りがたつことで美味しさを引き立たせます。

また、お酒とくに焼酎の肴としても最適の料理なんです。

あつめし・りゅうきゅうの発祥・由来

もともと漁師が獲った魚で作った刺身が大量であったため、余った刺身を醬油や酒、みりんを合わせたタレに漬け込んで、胡麻や生姜、ネギなどをのせて食べるようになったのがはじまりといわれています。

由来は、琉球の漁師から調理法が伝えられたからという説や、ゴマを和える調理法である「利休和え(りきゅうあえ)」に由来するという説など諸説があります。

佐賀関で獲れるブリ

佐賀関

大分県の漁場である佐賀関では関アジ関サバといったブランド魚が有名ですね。

佐賀関沖は、瀬戸内海と太平洋の波がぶつかり合う荒波で有名で、その流れの速さから「速吸の瀬戸(はやすいのせと)」とも呼ばれています。

流れが早いため魚は運動量が多く、特に夏場の湧昇流に含まれる栄養分が餌生物を増やし、身が引き締まった美味しい魚が獲れることで知られています。

佐賀関で獲れるブリは関ブリの名を冠したブランド魚として高値で取引され、確固たる地位を築いてるのです。

ブリのあつめしの作り方・食べ方

  1. ブリを三枚に下ろし、皮をむいて刺身程の大きさに切る。
  2. 酒、みりん、しょう油、すりおろした生姜、ゴマのタレに漬け込み、2〜3時間程度置く。
  3. 熱々のご飯の上に乗せて、薬味を添えてできあがり!

より本場の味にするために、おすすめの秘伝のタレがありますのでぜひ試してみてください。

おうちで楽しむブリのあつめし
ブリのあつめし
JR九州商事オンラインショップ
¥540(税込)
★★★★★
★★★★★
4.79 (14件)
楽天で詳細を見る