Kibidango

岡山の銘菓きびだんごとは?桃太郎との関係は?その起源、歴史を解説!

岡山
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
岡山の銘菓きびだんごとは?桃太郎との関係は?その起源、歴史を解説!

岡山の銘菓きびだんごとは?

全国で食べられていたきびだんごは、黍(きび)を使った団子のことです。

一方、岡山のきびだんごは、岡山が当時「吉備(きび)の国」と呼ばれていたことにより、黍(きび)と掛け合わせて「吉備団子」と書き、岡山に古くから伝わる銘菓なのです。

もち米と水飴、上白糖、きびが主な原料の求肥のだんごです。

一口サイズで透明感があり、柔らかいくらいのもちもちさと、ほんのりとした甘みにシンプルな味がクセになるとても美味しいお菓子です。

桃太郎のきびだんごとの関係は?

桃太郎

岡山と桃太郎の関係を示す確たる根拠は実はないと言われていますが、岡山は「桃太郎伝説」の発祥の地とされています。

桃太郎のおとぎ話は室町時代にはその原型があったとされています。

岡山のきびだんごができたのは江戸時代の終わりといわれており、明治時代に桃太郎のきびだんごと関連付けて販売したのが成功して全国的に知られるようになりました。

きびだんごの歴史

吉備津神社吉備津神社

廣瀬屋(ひろせや)という店の和菓子職人・武田半蔵が吉備津神社の黍団子を改良したものがきびだんごの原型となります。

そして江戸時代の終わり(1856年頃)、備前池田藩の筆頭家老であり茶人でもあった伊木三猿斎(いぎさんえんさい)が、きびだんごを茶会に向く和菓子にするよう依頼したのがはじまりです。

さらに改良され現在に近い形となり「吉備団子」と名付けられました。

明治27年(1894年)の日清戦争の際に兵士や関係者に「桃太郎のきびだんごは縁起が良い」といって全国に持ち帰らせPRしました。

明治37年(1904年)の日露戦争の際にも同様のことを行い、これが大成功しました。

さらに山陽鉄道の開通の時期も重なり、全国にきびだんごが広まっていきました。

その後、廣瀬屋は廣栄堂(こうえいどう)に名前を変え、現在でもきびだんごを製造する代表的なメーカーである廣栄堂と広栄堂武田の起源となります。

元祖きびだんご出典:廣栄堂 元祖きびだんご

岡山県民にとってのきびだんご

岡山県民にとってきびだんごはお土産のイメージのほうが強く、日常的に食べることはあまりないそうです。

また、きびだんごは、家来にするという意味もあることながら、岡山県民は手土産にきびだんごを選ぶことがあまりないという。手土産であれば大手まんじゅうのほうが好まれるそうです。

岡山の人できびだんごを食べたことがない人もいますが一度食べてみるとその美味しさに驚くことが多いともいいます。

おうちで楽しむ吉備団子