Wakayama Ramen

和歌山ラーメンとは?ラーメン前に食べるすしとは?昔の屋台と発祥・歴史について解説!

和歌山
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
和歌山ラーメンとは?ラーメン前に食べるすしとは?昔の屋台と発祥・歴史について解説!

和歌山ラーメンとは?

和歌山ラーメンとは、和歌山のご当地ラーメンです。

地元では和歌山ラーメンとは呼ばず「中華そば」もしくは「中華」と呼ばれています。

和歌山ラーメンの具材

具材は青ネギ、焼豚、メンマというシンプルなものに加え、なるとではなく渦巻き模様のかまぼこをのせる店が多いです。

和歌山ラーメンのスープ

スープは大きく分けて二系統あり、濁った豚骨醤油味のマイルドなタイプと、澄んだ醤油味のタイプです。

和歌山ラーメンの麺

麺はやや細めのストレートで柔らかめに仕上げる店が多いです。

ラーメンの前に食べる早すし

早すし出典:chukasoba.com

また、どの店にも、テーブルに早すしゆで卵がおかれています。

早すしとは酢締めの鯖や生姜が入った押鮨のことです。

客はラーメンが来るまでこれを食べ、食べ終わったも食べる客もいます。

味わいはさっぱりとしているため、こってりした和歌山ラーメンとよく合います。

早すしとゆで卵をいくつ食べたかは会計時に申告するというシステムとなっています。

和歌山ラーメンの発祥・歴史

1909年電車開通記念絵葉書 出典:ニュース和歌山

戦前にも屋台の中華そば屋があり、もともとは澄んだ豚骨醤油スープでした。

これは、醤油の産地である湯浅があり、材料となる豚骨や鶏がらや魚介類が仕入れやすかったためと言われています。

戦後になると特に多くの屋台が立ち並ぶようになりました。

その中でも当時一番の繁華街であり、市電の車庫があった車庫前駅周辺には多くの屋台が競い合うように並んで賑わっていました。

この流れを汲んだラーメンが「車庫前系」と呼ばれています。

昭和28年(1953年)に屋台から始まった「井出商店」にて、同じ豚骨醤油の澄んだスープのラーメンを提供していましたが、あるとき不注意から煮詰めてしまったところその濁ったスープにコクがありおいしいと評判になり、現在のぐらぐら煮出した豚骨醤油の「井出系」のはじまりとなりました。

この井出系は、TVチャンピオンのラーメン選手権で優勝、新横浜ラーメン博物館への出店などによって全国的に知られるようになり、関東の方で和歌山ラーメンとして提供されているものは濁ったスープのものがほとんどのため、一般的には和歌山ラーメンといえば濁った豚骨醤油味と認識されていますが、歴史的には澄んだ醤油系のほうが先だったんですね。

昭和46年(1971年)には車社会が進んだこともあり市電は廃線となり、今では屋台の多くは店舗を構えて営業をしています。

和歌山ラーメン

1998年人気のTVグルメ対抗番組で、井出商店が全国の有名人気ラーメン店を押し退けて優勝を果たし、一躍ご当地ラーメンブームの先駆けとなり、和歌山ラーメンという名称とともに全国に知れ渡るようになりました。

それ以降は和歌山ラーメンを食べるために和歌山を訪れる観光客も増えていき、また出張の際に和歌山ラーメンを食べて帰るビジネスマンも多くなりました。

おうちで楽しむ和歌山ラーメン
和歌山ラーメン
母の日お歳暮内祝ギフトふみこ農園
¥2,619(税込)
★★★★★
★★★★★
4.69 (147件)
楽天で詳細を見る