Hiyashi Ramen

山形名物、冷やしラーメンとは?スープの味や麺、トッピング、発祥について解説!

山形
  • twitter
  • line
  • facebook
  • hatena
  • Pocket
山形名物、冷やしラーメンとは?スープの味や麺、トッピング、発祥について解説!

冷やしラーメンとは?

冷やしラーメンとは、文字通り冷たいラーメンのことで山形県のご当地料理です。

スープも麺も冷たく、氷を浮かべることもあります。

冷やし中華とは異なる冷やしラーメン

冷やしラーメンは一般的なラーメンと同様に麺が浸るほどスープが含まれています。他の特徴としては、スープに酸味がある点です。これは、ラーメンのスープにはない特徴のひとつです。このような独自のスープが、冷やし中華とも違いラーメンとも違った食べ応えが冷やしラーメンの特徴なのです。

こちらは冷やし中華です。

冷やし中華冷やし中華

冷やしラーメンのスープの味

山形ラーメンは醤油味が圧倒的に多く、山形の冷やしラーメンも同様に醤油味がほとんどです。鶏ガラや鰹節を使ったあっさりな和風醤油や、濃いめの醤油味など店舗によって様々です。また、醤油ベースだけでなく、味噌ベースとしている店舗もあり様々な味が楽しめます。

脂はそこまで浮いておらず、あっさりさっぱりの冷たい魚介スープは冷水でしめた特製麺によく合います。

また、辛さをウリにしている店舗もあり、真っ赤な味噌ベースのスープが食欲をそそります。辛さをウリにするラーメン店と同様に辛さをお好みで選べるお店もあります。

冷やしラーメンの麺

冷やしラーメンの麺は、ラーメンと同様にちぢれ麺、細麺、太麺など様々です。スープが冷たいので、麺がのびることもなく、じっくりと味を楽しむことができます。酸味のあるスープを麺に絡ませながら、冷たいスープを楽しむことができます。

冷やしラーメンのトッピング

冷やしラーメン

冷やしラーメンは、通常の熱いラーメンと同じようにチャーシューやネギ、メンマなどのトッピングされています。プチトマト、キュウリ、レモンなど冷たいスープならではのトッピングも多いです。店によっては、名産のサクランボ、スイカ、グレープフルーツを トッピングするところもあります。

山形県はラーメン消費量日本一

山形県はラーメン消費量が日本一といわれています。さらに人口あたりのラーメン屋店舗数もトップレベルで、名実ともにラーメン好きの県民性なのです。

ご当地ラーメンの多さも随一で、醤油ベースの中華そば「山形ラーメン」に始まり、「酒田ラーメン」「新庄市のとりもつラーメン」「赤湯ラーメン」「米沢ラーメン」といった個性的なラーメンがそろっています。

山形県のラーメンの歴史は古く、1923年の関東大震災で被災した、横浜中華街の華僑の人たちが県内各地に移り住むようになり、屋台でラーメンを提供するようになったのが始まりだといわれています。

県内には、「そば店や食堂がこだわりのラーメンを提供する」「お客さんが来たらラーメンの出前を取っておもてなしする」という文化まで存在します。

冷やしラーメンの発祥

山形県は東北にありながらも盆地特有の暑さが続くことが多く、その暑さは、山形市で1933年7月に気温40.8度を記録したこともあるほどです。

このように暑さの厳しい山形県、山形市本町のラーメン店「栄屋本店」の初代店主が、夏に冷たいラーメンを食べたいという常連客の要望で開発を始めました。脂が多いラーメンを冷たくして食べるという難題を抱えながら、冷やしても脂が固まらないように工夫を重ねて完成せさました。1年かけて1952年に完成させたと言われています。

雑誌やテレビでも紹介されるようになり、いつしか県内外からお客が集まるような看板メニューとなっていきました。

おうちで楽しむ冷やしラーメン